型枠関連部材

型枠関連部材では、仮枠アンカー、止水材、面木、目地棒、溶接アンカー、排水関連部材、型枠用板材に関する関連商品を取り揃え、各項目事に豊富なバリエーションを取り揃えております。

仮枠アンカー

仮枠アンカー

仮枠アンカーは、換気パイプ、ガラリー、床下換気口、丸型レジスター、クーラースリーブや、電気、水道、ガス等の設備用スリーブの打込用等に使用できます。

止水材

止水材

止水材は、建築現場において水の浸透を管理し、建物や構造物を長寿命かつ安全な状態で維持するのに欠かせない要素となっています。また、地下の地盤水からの浸透を防いだり、水中の建築物を保護したりするのにも使用されます。

面木

面木

面木は家具、ドア、床、壁材、天井材など、木製の建材や製品に利用され、それらの製品の外観や質感を向上させます。また、合板の表面に貼り付けられ、合板の美観や木目を強調するためにも使用されます。面木は、木製の製品を耐久性のあるものにし、美しく仕上げるのに役立つ材料です。

目地棒

目地棒

目地棒の主な目的は、建材や表面材料の隙間やジョイントを密閉し、外部要因や湿気、空気の浸透を防ぐことです。これは、建物内部の気温や湿度を制御し、エネルギーコストを削減し、建物の品質を向上させるのに重要です。

溶接アンカー

溶接アンカー

溶接アンカーは、建築や工事現場で使用される部材で、主に鋼鉄構造物をコンクリート基礎に固定するために利用されます。これらのアンカーは、溶接によって鋼鉄部材とコンクリートの間に強力な接合を形成し、構造物の耐風性、耐震性、および耐荷重性を向上させるのに役立ちます。

排水関連部材

排水関連部材

排水関連部材は、建築や土木工事において、水や廃水を適切に排出するためのシステムを構築する際に使用される一連の部品や材料を指します。これらの部材は、排水の流れを助け、浸水や水の滞留を防ぐために設計されています。

型枠用板材

型枠用板材

型枠用板材は、建設現場においてコンクリートの鋳造を行う際に使用される材料で、コンクリートの型枠を形成し、コンクリートの鋳造時に型枠の外形を提供し、コンクリートが硬化した後に型枠を解体するのに役立ちます。