巾木

壁と床の境目に取り付ける部材で、 気温や湿度で、床・壁の建材はそれぞれ伸縮するため、施工上、床と壁はぴったりつけずに隙間が必要とします。また、壁面下部は足や掃除機が当たりやすいので、汚れやキズを防ぐ効果があります。

木巾木

木巾木

巾木は壁と床の境目に取り付ける部材です。 気温や湿度で、床・壁の建材はそれぞれ伸縮するため、施工上、床と壁はぴったりつけずに隙間が必要とします。 その隙間を隠し、美しい仕上げに見せる役割がある ります。 また、壁面下部は足や掃除機が当たりやすいので、汚れやキズを防ぐ効果があります。